熊本県本部 住所
 熊本市水前寺6丁目
       10-29
 電話 096-381-2197

熊本県会議員 〈県民の身近な代弁者〉
2007年   10月発行
第 31 号

ごあいさつ

 年金問題、地域間格差、医療制度や福祉制度など、多くの国民が不安を抱く中、執り行われた7月の参議院選挙。結果は、与党の歴史的惨敗。国民の生の声が、政治に届いた瞬間でなかったかと、改めて痛感しました。
 そして、安倍前総理の突然の退陣を受け、誕生した福田内閣、新総理の所信表明演説では、与野党問わず対話を呼びかける政治姿勢は、近年稀な総理の誕生ではないかと、今後の舵取りに期待をしている一人であります。
 今、国も地方も、財政赤字は深刻な問題、国民にサービスを低下させず財政再建に取り組むことは、至難の業です。今こそ、選挙のための、その場しのぎの公約でなく、財源を明確にした、政党間の論争を国民の見えるところで、展開すべき時であると考えます。
 私くしも、4月の統一選挙で多くの県民の支持を頂き、3期日の当選を果たすことができました。ご支援を頂いた皆様方に、改めて、心から御礼申し上げます。
 公明党は、連立政権に参画して8年目に突入しました。先の福田内閣誕生の折にも、政策協定を結び、今後の協力関係を確認し合いました。その中身は、随所に公明党の政策が多くちりばめられ、参議院選での国民の生の声が、色濃く反映しています。どうかご理解の程、宜しくお願いします。

平成19年10月吉日
県議会議員 城下 広作

ほっとライン  公明党県本部    県議会 (内線2008)   携帯電話
   096(381)2197   096(383)1111     090-8661-7722
ホームページ http://kumamoto-komei.net/shiroshita/
メール shiroshita@kumamoto-komei.net