熊本県議会 本会議で城下広作の会議録

2.新幹線開業を控えての観光戦略について

(1)知事のトップセールスの意気込みと予定
(2)新幹線開業当日のイベント
(3)関東戦略

◆(城下広作君) 知事が長く答弁をいただきました。大変一生懸命取り組んでおりますと、また、頼みの綱であります企業誘致も、発表はできないにしても、大きなところにしっかりとめどを持ちながらやっているということでございます。
 いずれにしろ、県内の景気は、中央の回復の兆しとはまだ縁遠く、大変景気回復を心待ちにしている県民はたくさんおりますので、今後とも本当に力を入れて頑張っていただきたいと思います。
 では、その可能性を最大限に引っ張っていくといいますか、県としてはチャンスととらえていくことについて質問をさせていただきます。
 新幹線開業を控えての観光戦略についてでございます。
 いよいよ新幹線開業日の3月12日までは、きょうを入れましてあと10日となりました。知事がよく言う、熊本県にとって100年に1度のビッグチャンスの幕開けの日です。
 知事も、連日連夜、新幹線開業と観光振興のPRに飛び回っていることは十分承知しており、その姿に多くの県民が称賛していると思います。
 特に、1月29日、私のあこがれのあの大阪市のなんばグランド花月で吉本新喜劇に出演し、体を張った演技は、県宣伝部長のスザンヌさんやくまモンより存在感を発揮されていました。蒲島知事の奮闘の姿に、私は思わずこれでいいのだと発してしまいました。その模様は、2月19日、地元RKK熊本放送で放映され、多くの県民も知事に親しみを感じ、エールを送られたのではないかと思いました。
 ただ、知事のずっこけは少しかたさがあったようで、ちゃんとせえよと突っ込みが入りましたが、そこで知事がこれでいいのだと切りかえしたら、私はまだよかったと思いました。また出られる機会があれば、ずっこけのやり方は私が得意でございますので、教えたいと思います。
 そのほかにも、KANSAI戦略の一環で、くまモンが突然大阪の商店街に出没したり、先月22日から28日まで、JR大阪環状線で8両の1編成に、オレンジ色の車体に熊本城や通潤橋、馬刺などの県内の観光素材があしらわれ、車内の中づり広告もスザンヌさんで独占するなど、熊本を大きくアピールできたのではないかと思います。
 このように、一連の取り組みは、きっと関西地域の方々の目にとまり、熊本の観光客へつながると期待をしています。
 そこで、第1点目の質問ですが、今日までの知事の観光PRの取り組みについては、大変評価をしています。ただ、この一連の取り組みがどんな結果をもたらすかは、後になってみないとわかりません。今は、ただひたすら知恵と限られた予算を使って、新幹線開業効果を最大に利用しながら、熊本の観光増加を図るしかありません。
 そこで、まだまだ知事のトップセールスに期待を寄せる声は多いと思いますが、今後の知事のトップセールスの意気込みと予定についてお尋ねします。また、何かサプライズでも考えておられるのでしょうか、お尋ねをします。
 第2点目の質問ですが、3月12日、一番列車は熊本駅を朝6時ちょうど出発と決まり、昨年の9月の私の代表質問ではまだ確定をしておらず心配していましたが、知事を先頭に執行部の努力が実り、安心をしました。
 その日、熊本駅に新幹線が停車するのは、上り――熊本発は含まず、37本、うち14本は大阪へ直行でございます。下りは65本、うち15本は大阪から直行になります。
 2月12日午前10時、一番列車の指定席切符が発売されました。上り熊本発「さくら544号」は90秒、新大阪発の下り「みずほ601号」は15秒で完売したとのニュースが話題になりました。新幹線開業を待ち望まれている方の多さにびっくりしたことと、熊本に来られる方には、感謝を込めておもてなしの心で歓迎しなければと思いました。
 そこで、九州新幹線開業という大変記念すべき日に、遠くは関西や中国地方、そして福岡方面からたくさんの方が、65本の新幹線で熊本におりていただく可能性があります。熊本でおりてくださる乗客を大事にし、おもてなしの心を持って歓迎すれば、きっとリピーターになっていただける可能性が高まります。
 午前6時新大阪発、熊本着午前9時の「みずほ」の到着に合わせての歓迎式はあると聞いていますが、1便だけの対応であれば、ほかの来客に申しわけありません。午後11時、新大阪からの最終便を含め、そのほかの便の来客に対して、歓迎の意思をあらわすことは何か考えてあるのでしょうか。私は行うべきだと思いますが、お尋ねをいたします。
 私の案ですが、例えば、当日、熊本でおりられたすべての方々に、感謝を込めて、今話題のくまモンのバッジを渡すとか、今回、県と市が企画した県農産物を使った新しい土産品、くまもとうまカモン!21の中から何かを渡すとか、新幹線開業に対する意気込みをあらわし、熊本のイメージアップ、あわせて熊本の特産のPRにつなげたらと思いますが、いかがでしょうか、お尋ねをいたします。
 第3点目の質問ですが、新幹線開業を関西地域ではかなりの売り込みができ、期待も持てると思いますが、やはり人口の多い中部や東京を中心とした関東地域にも新幹線開業効果が望めるのではないかと思います。昨年12月、東北新幹線も開業しました。東北各県も、新幹線開業効果で関東戦略を実施して成果を上げているようです。
 関西地域のようなきめ細かな対応はできないにしても、やはり人口の多い地域だけに、どうしても飛行機でなくJRの旅を好む方はたくさんいらっしゃると思います。
 そこで、九州新幹線を利用する関西地方以外の中部や東京を中心とした関東戦略について、観光戦略が必要と考えますが、県としてはどのような考えを持っておられるか、お尋ねをします。
 質問の第1点目は蒲島知事へ、第2点目は企画振興部長へ、第3点目は商工観光労働部長へ、それぞれお尋ねをいたします。
  〔知事蒲島郁夫君登壇〕