熊本県議会 本会議で城下広作の会議録

6.中小企業再生支援について

(1)中小企業再生支援協議会の周知と今後の見通し
(2)中小企業再生ファンドの設立
(3)インキュベーション施設事業の成果と今後の展開

◆(城下広作君) ぜひかぎかけ日本一運動を頑張っていただきたいと思います。
 ただ、私も田舎におりまして、小さいころは。かぎをかけるとかえっておかしいと。田舎の場合には、かぎをかけないで本当に自然にあったというのが、ある意味では本当に望ましいものでしょうけれども、今日、かぎかけてもピッキングといって、ああいう非常に怖い集団がおりますと、本当にこれはもうかぎをかけていって万全に万全を期していかないと、これは守れないかなという感じがいたします。
 もう残り時間が短くなりました。きょう、荒木議員、また鬼海議員、午前中、この地元中小企業再生のことを訴えられました。私も全く同じような角度で調査をし話す予定でございました。しかし、同じ答弁をそのまましていただいても、これは意味がないということで、私も強く要望して、もう時間の関係上、やっぱりおさめるしかないのかなというふうに思いますけれども、気持ちとしては、このことを私はやっぱり実施していただきたい。中小企業再生支援会議、再生しない支援会議であってはいけない、ましてや、中小企業再生ファンド、シランドということでは、これは申しわけない、とんでもないということで、私は強くその必要性を訴えている分を考えていたわけでございますけれども、改めて強い要望をしまして、本日の質問を終わらせていただきます。
 本当にありがとうございました。(拍手)